「タンス預金」は比較的お年寄りに多く見られます。最近は相続税がかかるからと、タンスの中にせっせと1,000万円以上のお金を隠し持っている人もいるとか。うまく隠し通せると思うでしょうが、見つかったら「ハイ!おしまい」。追徴課税の方が重くつきます。
それ以前に気をつけたいのは、タンス預金で泥棒に盗まれたという話。非常に多いんです。盗難の被害届を警察に出したところで、犯人がすぐ見つかるとは限らない。見つかっても盗んだお金がすべて、あなたの物といえるだけの証明を取るのが難しいんです。
また、放火などの被害に遭った場合も最悪! 家財保険に加入していたとしても、現金の補償は20万円程度。そもそも「タンス預金」は危険以外の何物でもありません。「金融機関にお金を預けても金利が低い」といっても、家に多くの現金を置いておくより安全。防火用の金庫を持っていても、集団で泥棒に入り、金庫ごと持って行く被害も出ているので、気を抜くことはできませんよ!