お金を貯めるために、食費をケチりまくって、病気になってしまっては元も子もありません。そういう人は民間の医療保険にも入っていないことが多いので、入院や手術を伴う病気だと医療費の負担の方が痛いはず。だったら初めから体を壊さないように、きちんと食べた方がいいに決まってます。
また、栄養不足で、うつ状態に陥り仕事で失敗を繰り返したり、人間関係に行き詰まる人も。極端な例を挙げれば、家に引きこもり、失職してしまう場合もあります。こうなるとなかなか元の状態に戻ることが難しい。
食費を削り過ぎて不幸になるなんて愚の骨頂では。食費を節約するなら節度をわきまえて。外食にお金をかけるなら、自炊で工夫! スーパーの安売りを見て、献立を考えてみたり。たまには友達を呼んで、自宅でホームパーティーをしたり。それほどお金をかけなくても、おいしい物を食べて、幸せを共感できる時間を持つ方が豊かな人生が送れます。