買い物はできるだけ現金で支払うのが基本。浪費防止にもなります。とはいえ、現金をたくさん持ち歩くのが怖いから、高い買い物はクレジットカードで支払う人も多いですよね。物を買う行為は脳の痛みを活性化させる効果があるとか。特に人間の脳は現金で物を買うと「苦痛」を感じるようになるそうです。一方、クレジットカードでの支払いは、現金ほど苦痛を感じないとか。
クレジットカードは海外に行った場合、手軽で便利ですが、自分でコントロールできないと買い過ぎてしまうのがネック。帰国後、高額な請求書が送られてきて、「こんなに使っていた~」とへこんでも後の祭り。クレジットカードを使うなら、家計簿に記入して、トータルでどのくらい使っているのか、どのくらいの金額なら許容範囲なのか知っておくことも大事。口座の残高が足りず、引落しができなくなり、結果的に自己破産してしまう人もいます。何はともあれカード払いは借金と同じなので、計画的に使うようにしましょう。