» 住まいのブログ記事

超低金利時代が続いているので消費税の値上げの予定されている来年4月以前に住宅ローンを組んで戸建てやマンションの購入を決めようと考えている家庭が相当あるようです。
先々、確実に賃金の上昇する可能性など不確実なので期待せず、現状の所有資金に住宅ローンを組み合わせて予算総額とするサラリーマンが多いのです。
従って、数十年間の返済計画が家計との関係でどの程度になるか、ライフステージごとに予測するために各金融機関の返済シミュレーションソフトを使って検討しているので、昨今は金利変化には極めてデリケートな反応を示しています。
こうして住宅取得予算額に一定の上限をかけてから住宅メーカーの展示場に建つモデルハウス見学をし、家族の希望する建物イメージに合う住宅メーカーを数社に絞って詳細検討に進む家庭が多いようですが、焦りは禁物です。

住宅展示場のモデルハウスを見ると一目瞭然だと思うのですが、モデルハウスの周囲は広々とした敷地の上に大きめの建築面積の建物が建っているので、内部、外部とも極めて見栄えが良くなっていることにうっとりしがちなのです。
ましてや、モデルハウス内には最新バージョンの設備やインテリア家具等が最小限だけ設置されているので、実際の日常生活で使っている様々な道具類や家庭用品などのないすっきりした佇まいになっていることを忘れてはいけないのです。
建てる住宅を決める前にこのような設備やインテリア家具あるいは日常雑貨などの必要経費が相当な金額になることを見込んでモデルハウスの見学をするべきです。

もしこれから住宅を購入したいと思っているのならモデルハウスの見学をするといいと思います。
いろいろなハウスメーカーさんが家を建てているのです。
それを見学することができます。
私も家を建てる時にモデルハウスを見せてもらいました。
それでじっくり見学をしたのです。
それぞれのハウスメーカーさんの特徴があって見比べてみると面白いと思いました。
そして家づくりのヒントになると思ったのです。
自分はこういうところが好きだとかこのメーカーさんのここを真似したいと思ったりするのです。
注文住宅にする場合にはそのヒントを集めてお気に入りの家を建てられると思いました。

モデルハウスは広くてそのメーカーさんのいいところを出しているような気がします。
中にはそのモデルハウスを販売しているところもあるのです。
そこでいい材料を使っているのにお得な価格になっているところもあります。
だからそれぞれじっくりチェックをしていい家を見つけてみるといいと思います。
自分の好みのモデルハウスを見つけられると思います。
屋根裏部屋などのような空間もあったり、床下収納があるところもあります。
そんな魅力あるモデルハウスがいっぱいあるのですべて見学してみるといいです。