» 2013 » 12月のブログ記事

超低金利時代が続いているので消費税の値上げの予定されている来年4月以前に住宅ローンを組んで戸建てやマンションの購入を決めようと考えている家庭が相当あるようです。
先々、確実に賃金の上昇する可能性など不確実なので期待せず、現状の所有資金に住宅ローンを組み合わせて予算総額とするサラリーマンが多いのです。
従って、数十年間の返済計画が家計との関係でどの程度になるか、ライフステージごとに予測するために各金融機関の返済シミュレーションソフトを使って検討しているので、昨今は金利変化には極めてデリケートな反応を示しています。
こうして住宅取得予算額に一定の上限をかけてから住宅メーカーの展示場に建つモデルハウス見学をし、家族の希望する建物イメージに合う住宅メーカーを数社に絞って詳細検討に進む家庭が多いようですが、焦りは禁物です。

住宅展示場のモデルハウスを見ると一目瞭然だと思うのですが、モデルハウスの周囲は広々とした敷地の上に大きめの建築面積の建物が建っているので、内部、外部とも極めて見栄えが良くなっていることにうっとりしがちなのです。
ましてや、モデルハウス内には最新バージョンの設備やインテリア家具等が最小限だけ設置されているので、実際の日常生活で使っている様々な道具類や家庭用品などのないすっきりした佇まいになっていることを忘れてはいけないのです。
建てる住宅を決める前にこのような設備やインテリア家具あるいは日常雑貨などの必要経費が相当な金額になることを見込んでモデルハウスの見学をするべきです。

もしこれから住宅を購入したいと思っているのならモデルハウスの見学をするといいと思います。
いろいろなハウスメーカーさんが家を建てているのです。
それを見学することができます。
私も家を建てる時にモデルハウスを見せてもらいました。
それでじっくり見学をしたのです。
それぞれのハウスメーカーさんの特徴があって見比べてみると面白いと思いました。
そして家づくりのヒントになると思ったのです。
自分はこういうところが好きだとかこのメーカーさんのここを真似したいと思ったりするのです。
注文住宅にする場合にはそのヒントを集めてお気に入りの家を建てられると思いました。

モデルハウスは広くてそのメーカーさんのいいところを出しているような気がします。
中にはそのモデルハウスを販売しているところもあるのです。
そこでいい材料を使っているのにお得な価格になっているところもあります。
だからそれぞれじっくりチェックをしていい家を見つけてみるといいと思います。
自分の好みのモデルハウスを見つけられると思います。
屋根裏部屋などのような空間もあったり、床下収納があるところもあります。
そんな魅力あるモデルハウスがいっぱいあるのですべて見学してみるといいです。

ビジネスに関する内容の情報は、ビジネスをしている人にとって関心のある情報です。そのため、頭の中に入れておきたい内容であれば、自ら情報を収集しようとします。そのため、講演などをしても人が集まります。人々の関心ごとを選んで話をしていかなければ、人の意識を集めていくこともできません。与えることが出来る情報の整理をして話を進めていきましょう。話をするにあたって、場所を必要とします。場所を確保しなければ、聞き手はどこに向かっていけばいいのかも分かりません。そのため、分かりやすい場所、アクセスしやすい場所を選んでおくことが大事になります。

情報を伝達することができるツールが1人1人の手元にある社会です。得に電子上のやり取りは早いです。1日に膨大な情報が飛び交っています。その中で自分に価値のある情報はほんの一握りです。また、その情報をかき集めるのも大変です。講演を行うことによって、話し手がその膨大な情報の中から、情報を集め、整理して、提供するようにしているからこそ、人は歩いていくには厳しい場所から話を聞きに来るのです。話をする前には、話をする内容をキチンと整理しておくことです。頭の中を整理して話しておくことができなければ、自分も何を話しているのか、分からくなくなってしまいますし、正しく伝わっているかどうかも分からなくなってしまいます。役に立つ情報を提供するためにも、価値のある作業を積み重ねていく必要があるのです。

みなさんの中にも大学生活を送った経験がある人もいると思います。もしかすると、現在進行形の大学生の方もいるかもしれませんね。学生の頃にこのようなことを考えたことが有る人はいませんか。学生のうちに起業をしてそれなりに稼ぎたいという願望を持っている人です。私はそのような中のひとりでもありました。小さい会社ながら起業をすることには成功したんですけどね。そのような中で大学ではビジネスに関する講義を開催してるところもあるのです。そこではどのようなことを学ぶのでしょうか。今回はそのような話をしていきたいと思います。それではビジネスについて学ぶとはどのようなことなのでしょうか。経営の仕方などを学ぶことではありません。中にはそのようなことも学ぶこともありますが間接的にビジネスに関わってくるようなことを学ぶ講義が中心となってくるのです。例えばマーケティングについて学んだりもします。このような市場においてはこのような方向性の商品や企画を行うことによって利益につながるなどといった内容です。

また講義の中には経済の仕組みについても簡単に学ぶことができます。株が好きな教授がいる場合にはそのようなことも学ぶことができますしね。もしもみなさんの中にもビジネスに関心があるという人は是非ともすすんで学んでみてみてはどうでしょうか。大学で学ぶにあたって色々な方向からビジネスに関する考えを抱くことができると思います。大学生の方は特にそのようなものを積極的にとってみてはどうでしょうか。

私は横浜の鶴見に住んでいますが、この地域は、東京に行くのも横浜に出るのも通勤には楽な地域です。多くの人が住んでいます。駅前には多くの店が並んでいます。何でも揃う街です。交通は京浜東北線と京浜急行が通っています。どちらも本数は多くあります。通勤時間帯は、3分おきに有ります。横浜には10分で着きます。東京駅には20分くらいです。両方に通勤が可能です。始発電車も有ります。座って行きたい人は、始発に並んで乗っていきます。やはり立っていくのと、座っていくのでは大きな違いが有ります。通勤が30分くらいの人はいいと思いますが、長い人は1時間以上掛かると思います。この地域はどこに行くのも便利な所です。東海道線に乗る人は、川崎で乗り換えます。少しでも早く行きたい人は乗り換えて行きます。やはり仕事に行くには1時間以内が理想的です。余り遠いと通勤だけで疲れてしまいます。長い期間暮らして行くには、生活に便利で、通勤に便利なところが一番いいです。鶴見はどちらも便利です。この地域もかなり不動産は値下がりしています。かなり安いですが、なかなか売れないようです。これからもこの流れは続いていきそうです。不動産に限らず何でも値下げしています。食料品もかなり安いです。デフレが続いているようです。価格が安いのは良いことです。デフレが続いて欲しいですが、そうもいかないようです。日本が沈没してしまうかもしれません。このへんで景気が良くなる様な対策を講じて欲しいものです。

占星術では太陽や月、星などの位置などから複雑な計算を行なって占いの鑑定を行なっていきますが、その際に太陽や月と並んで非常に大切な役割を果たすのが惑星です。

占星術で重用される惑星は基本的に「火星(Mars)」「金星(Venus)」「水星(Mercury)」「土星(Saturn)」「木星(Jupiter)」の5つとなっており、それぞれの惑星を司る神が古来から存在してきました。
火星は太陽系4番目の惑星で、火星神としては「アレース(Ares)」「ウルスラグナ」「マールス(Mars)」が挙げられます。
金星神は「ウェヌス(Venus)」「イシュタル(Ishtar)」、水星神は「ヘルメース(Hermes)」「メルクリウス(Mercurius)」、土星神は「クロヌス(Kronos)」「サートゥルヌス(Saturnus)」、そして木星神は「ゼウス(Zeus)」「ユーピテル(Jupiter)」などです。

これらの神はローマ神話やギリシア神話、ゾロアスター教などに登場する神々ですので、星占いが趣味の人にはおなじみだと思います。